相続を税理士に相談するメリットについて

相続は、相続人と相続財産の把握がスタート地点です

 相続を税理士に相談するメリットについて、ご紹介します。相続税を専門に取り扱っている税理士に依頼することによって、相続税申告から相続手続きまで一貫したサポートを受けることができます。弁護士などに依頼するよりは低価格で高品質なサービスを受けることができるのですが、相続人の間で遺産トラブルがある場合には、税理士は関与することができません。
 相続においては、まず相続人と相続財産の把握がスタート地点となります。最初の窓口は、税理士あるいは司法書士になることが多いのが現状であり、遺産トラブルが発生した場合に、その次の段階で弁護士に依頼するようになります。また、相続税申告が必要になる場合には税理士に、不動産登記が必要になる場合には司法書士に依頼するようになります。

節税対策につながる強い味方

 相続税を専門に取り扱う税理士に依頼することによって、相続税を節税することができるということがメリットとして挙げられます。相続税に強い税理士であれば、数多くの特例や各種財産の不動産などの評価方法に至るまで、専門的なノウハウや実績、そして知識を持ち合わせていますので、数千万〜数億円という相続税の差が生じることもあり得ます。
 相続税専門の税理士に依頼すれば、もっともベストな相続税申告が可能となります。相続税の申告ができるのは、法律で税理士だけと決められています。また、前述しましたように、税務署の考え方や調査のポイントを把握していますので、節税対策においても非常に効果を期待することができる存在となります。 
 

© Copyright For Your Sake.All Rights Reserved.