相続税対策を知っておくと得する

税改正で変わったこと

人が死亡することで、財産の権利が他の人に移ることを相続といいます。
この時に、財産を受け継いだことで支払う義務が、生じるのが相続税なのです。
日本で相続税が、導入され始めたのは1905年になります。
導入された以降も、何度も相続税は改正されているのです。
改正された理由の一つに、バブル期に起こった地価の上昇があります。
日本の一般家庭で、相続する対象として多いのが、不動産なのです。
地価が高騰したために、相続対象の不動産の価値も上がってしまいます。
当然相続税も、高額になってしまったのです。
高額な相続税を支払えないという家庭が、多数出てしまい社会問題にもなります。
このために、基礎控除の引き上げや特例の拡充などの改正が行われたのです。

知っておかないと損してしまうこと

相続税が何故行われるかというと、一つは経済効果があります。
財産が同じ一族が、所有しているだけでは経済効果が期待できないのです。
富裕層のみが、財産を持ち続けることを阻止して富の再分配をするという考え方に基づいています。
この考え方は、間違いではありませんが、相続税対策をしておかないと負担が大きいのです。
例えば相続したのが、現金で1000万円と、同じ金額のアパートを相続するのでは税率が変わります。
簡単に言うと、現金の場合はそのままの評価額になるのに、不動産だと3割減になるのです。
具体的には現金1000万円ならば、評価額は1000万円になります。
しかし不動産ならば、3割減なので1000万円で取得したら700万円の評価額になるのです。
他にも多数の相続税対策が、あるので相続を専門に扱う弁護士に相談してみると有効なアドバイスがしてもらえます。

© Copyright For Your Sake.All Rights Reserved.